MENU

睡眠時間を減らしショートスリーパーになる方法

寝始めて3時間の間は深い睡眠の状態になっています。この時間というのはそれだけ成長ホルモンも活発に分泌されるようになっており、日中の活動で蓄積された疲労を取り除いているのです。その成長ホルモンを最初の3時間で分泌させて、もう90分でさらに疲労を取り除いていきます。

 

この3時間の間で特に深い眠りになる回数は2回程度になっており、寝てから4時間くらい経過して再び深い眠りにつきます。それを過ぎると浅い眠りの状態になりますので、4時間半程度が望ましいと考えられているのです。

 

ただ、これはあくまでも全体的に見たものであり、個人差はあります。4時間30分寝れば十分疲労回復をすることが出来るという人もいますし、人によってはそれよりも眺めの睡眠をとったほうが望ましいということもあるのです。それなのに、無理して睡眠時間を削っても自己の元にもなりますし、健康を損なう恐れもありますので注意してください。

 

睡眠時間を削ったものの、眠気に襲われてしまうというのであれば、睡眠時間を増やすようにした方がいいでしょう。

 

長期的に睡眠不足になってしまうと、糖尿病やアルツハイマー病の発症リスクが高くなってしまうとされています。

 

体も短い睡眠時間に適応させることができたのであれば、今までよりも睡眠時間が短くなったとしても十分に疲れを取り除くことができるようになるでしょう。睡眠時間を削ることで、次の日の睡眠を深くすることが出来るようになり、成長ホルモンの分泌も活発に行われるようになることが理由として挙げられます。