MENU

睡眠時無呼吸症候群に良いサプリ!

睡眠時無呼吸症候群は最近よく耳にしますが、中高年男性の5人に1人かかっているというリスクの高い危険な病気です。寝ている時に起こる症状なので、自分では分からず他人から指摘されて初めて気づきます。簡単に言うと睡眠中に息が止まり、また大きな寝息やいびきで呼吸し始めます。呼吸が止まる事で酸素の送り込みが少なくなり、血流が滞って動脈硬化や心疾患を引き起こす恐れがあります。

 

自分ではちゃんと寝ているつもりでも身体はリラックスしていない状態が続いているので目覚めが悪かったり、昼間に眠くなったりと生活に悪影響を及ぼします。原因とされる肥満や飲酒、ストレス、鼻炎、口呼吸などを改善すると症状はだいぶ緩和されます。しかしダイエットやストレスなどはなかなか改善されにくく、諦めてしまう人も多いと思いますが日頃の生活にかなりの支障をきたすので、サプリなども活用して早めの対処をおすすめします。

 

 

いぶきの実の特徴

4人に1人が夜の騒音に悩んでいると言われています。肥満や飲酒などで空気の通る気管が狭くなりいびきや寝息などの騒音が起こります。いぶきの実は体内からケアするために出来たサプリです。空気の通りをスムーズにする還元型コエンザイムQ10を配合することでムダなく吸収されます。しかも持続させるためにビタミンEの多く含まれたえごま油、癒し成分の発酵ギャバなども配合することで静かで心地よい夜を迎えることができます。そのおかげでスッキリとした朝が迎えられ、元気に1日が過ごせ、健康な身体に生まれ変わります。

価格 2,490円
評価 評価5
備考 還元型コエンザイムQ10・えごま油・発酵ギャバ

 

 

サイレントナイトの特徴

パートナーの寝息・いびきを何とかしたい!そう思ってる方は案外たくさんいらっしゃいます。原因として肥満や飲酒などは有名ですが、意外にも筋肉成分の低下も挙げられます。どうしても年齢とともに低下してしまうので、食事からしっかり摂り入れなければいけません。食生活をすぐに改善するのは難しいので、サイレントナイトをおすすめします。スポーツ選手も注目する筋肉成分リンゴ酸マグネシウム、食事だけでは補えないコエンザイムQ10の配合で空気の通りを広げて強くする効果が生まれます。個人差はありますが一か月ほどで変化が感じられ、朝までしっかり眠れるようになるでしょう。

価格 2,480円
評価 評価4
備考 リンゴ酸マグネシウム・コエンザイムQ10

 

 

えぞ式すーすー茶の特徴

なんとなくスッキリしないまま毎日を過ごしている方・いろいろ試したけれどどれもイマイチ…・毎日負担なく続けられるものがいい…。とお悩みの方に1日1杯飲むだけのえぞ式すーすー茶がおすすめです。スッキリ感が実感出来る「甜茶」「クマザサ」「赤紫蘇」の3種類の茶葉を、独自の研究で見つけた究極のバランスでブレンドすることで、すっきり感が実感できます。天然の甘みがあるノンカフェインのお茶なので、妊婦さんや授乳中の方、小さい子供からお年寄りまで家族みんなでお飲み頂けます。

価格 2,412円
評価 評価3
備考 3種類の茶葉

 

いびきが酷い、止まる人は睡眠時無呼吸症候群かもしれない

 

いびきは眠りを浅くする原因になります。どうしてかというと、睡眠中に上気道が狭くなって空気が通る際に、粘膜が振動することでいびきがなります。いびきが眠りを浅くする、というよりは正確には空気の通りが悪いために体が酸欠状態になりやすく、そのために睡眠時に疲れが取れにくかったり、熟睡を妨げるというのが正しい表現です。いびきが起こっているなら、睡眠の質が下がっている状態というのが正しい表現でしょう。

 

浅い眠りになる時間帯が長いと、睡眠時間に比例した疲労回復が行われずに、寝不足や疲労感が強くなることがあります。

 

慢性的にいびきをかいている場合には、こういった状態が見られることが多いので、気になる方は一度専門医に診てもらった方が良いでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群では大きないびきと共に、呼吸の停止が頻繁に見られるようになります。いびきも呼吸の停止も、気道が物理的に狭まってしまうために起こるもので、睡眠の質を大きく低下させます。

 

自覚症状として、日中の激しい眠気・倦怠感・起床時の頭痛・頭重感・集中力や注意力の低下などがあります。最悪の場合、深刻な合併症を生じることも多いので注意しましょう。

 

いびきの問題は、実は健康状態に大きな影響を及ぼします。万が一の可能性まで考えて、早めに対応していくようにしましょう。

 

「いびきが大きい」と家族に言われたら、ただの苦情として捉えずに、もしかしたら健康上の問題があるのかもしれないと考えるくらいでちょうどいいと思います。

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

 

以前に比べて、睡眠時無呼吸症候群といわれる病気の知名度は上がってきました。特に中高年の男性によく見られる症状で、女性に比べると圧倒的に男性の罹患率が高いという特徴があるようです。

 

特に仕事で車の運転をしたり、高所作業などに従事する人は、仕事中のトラブルを防止するためにも診察を薦められることも多いようです。

 

この病気について、きちんとした実態を捉えられず、ぼんやり考えていると実は睡眠時無呼吸症候群になっていてそれが進行している場合もあります。

 

まずは正しい知識を身に付けることが、睡眠時無呼吸症候群によるトラブルを防止する第一歩です。特に、症状について誤解が多く見られます。睡眠時無呼吸症候群という名称から、睡眠中に呼吸が止まっているということはわかるのですが、それによって死亡するということではありません。

 

人間は呼吸が止まると、脳や全身に酸素が不足するようになるので、それによって内臓や血管などに様々なトラブルが生じるために死亡にいたります。

 

睡眠時無呼吸症候群においては、死亡にいたるまでの長時間の無呼吸状態が続くことは無いと考えられていますが、それでも睡眠の質が著しく下がったり、臓器や血管、脳に対するダメージは大きいと考えられています。

 

また、遺伝を気にする人もいますが、睡眠時無呼吸症候群をもたらす遺伝子は確認されていません。ただ、問題の原因が骨格や肥満にある場合は、親の遺伝の影響が少なからずありますから、家族で睡眠時無呼吸症候群があった場合には注意しておいて損はありません。

 

睡眠時無呼吸症候群がもたらすリスクとは…?

 

睡眠時無呼吸症候群という病気が知られるようになってきましたが、そうは言っても実際にそれが日常生活にどんなリスクを招くのでしょうか。

 

睡眠時無呼吸症候群の方がもっとも気をつけないといけないのが交通事故です。統計によれば、健常者よりも交通事故を生じる確率が2〜7倍にもなるそうです。

 

これは睡眠中に脳が十分に休めないために、日中どうしても眠くなるからです。しかも、その眠気が何の前触れもなく突然襲ってくるのが特徴です。

 

無呼吸症候群による交通事故は多く、自分がそれであると気づいていないケースも多いとされ、適切な検査によって早期発見・早期治療を促すことが課題になっています。

 

また、不意に訪れる眠気によって工事現場での作業中に事故となってしまったり、また危険は無いにしても仕事中の急激な眠気によってトラブルが起こるということは少なくありません。これらは自分だけの問題ではなく、所属する会社や顧客に対しても大きな問題になる可能性があり、早急な対応が必要です。

 

睡眠時無呼吸症候群においては、無呼吸の状態が問題ではありますが、治療の際には睡眠の質の向上を目的にして治療が行われます。無呼吸症候群の患者が抱える一番の問題は、眠っているつもりが実はぐっすり眠れていないために、日中に問題を生じさせてしまうということですから、不慮の事故を減らすためにはまず睡眠がしっかり取れるように働きかけることが大切なのです。

 

様々な治療が行われていますが、無呼吸状態の解消には効果があっても、睡眠の質が上がらない限り、上記のようなリスクは解消されません。睡眠の質に注目して治療は行っていくのが良いでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群のセルフチェック

 

睡眠時無呼吸症候群になるといろんな代表的症状がありますが、必ずしもそれは病院で検査をしないとわからないようなものではありません。

 

自分でも簡単にできるセルフチェック項目がありますから、それをもとに自分が睡眠時無呼吸症候群ではないかチェックし、通院の必要性を判断する材料にしましょう。

 

セルフチェックの項目としては、

 

・大きないびきだと言われる
・寝ている間に呼吸が止まっているといわれることがある
・寝起きが悪く、起床時にさっぱりしない
・起床時に頭重感や頭痛がある
・日中、当然眠くなることある
・夜間にトイレに起きる回数が多い
・メタボ傾向、肥満気味である
・扁桃腺が大きい
・糖尿病などの生活習慣病を患っている

 

上の二つに該当する人は疑いが強く、それに加えてそのほかの項目に当てはまる数が多いほどその可能性は高いと言えるでしょう。

 

睡眠中の状態は自分ではわかりませんから、一人暮らしの人は見つけにくいと思いますが、その場合は上の二つ以外の項目が当てはまっているかを注意して、夜中の状態を録画したり、病院に行って検査をしてもらった方が良いでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状では日中の強い眠気がありますが、眠気と言っても誰でも日中に眠くなることくらいはあります。この眠気も客観的な指標としてテストによって検査を行うことがあります。

 

また、いびきの状態をチェックできるアプリも登場していて、この睡眠時無呼吸症候群に関する関心の高さがわかります。チェックしてみようと思えば方法はいろいろありますから、気になる人は一度調べてみると良いでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療法:CPAPとは

 

睡眠時無呼吸症候群においては、基本的にCPAP治療といわれる治療を行っていきます。睡眠時無呼吸症候群の疑いがあっても、CPAPを始められるわけではありません。

 

まずは、しっかりと問診や簡易検査によって病状の確認を行います。簡易検査では、自宅に簡易型の検査装置を持ち帰り、1〜2晩ほど検査を行います。検査の内容は、無呼吸の回数やいびきなど呼吸の様子、血中酸素飽和度などです。この結果はAHI(無呼吸低呼吸指数)で表され、その数値の程度によって重症度を判断し、治療や精密検査の必要性を評価していきます。

 

その後、異常が認められた場合は、医療機関にてさらに精密な検査を受けることになります。簡易検査の内容に加え、脳波・呼吸・眼球や筋肉の動きなどのデータを収集し、睡眠時無呼吸症候群かどうか診断を確定します。

 

睡眠時無呼吸症候群と確定されるとCPAP装置による治療が始まりますが、装置には固定タイプ・オートタイプ・Bilevelタイプの3種類があります。マスクは鼻タイプ・鼻孔タイプ・フルフェイスタイプがあります。

 

使用方法を指導してもらうと、その夜からCPAPを装着して就寝するようにします。毎日続けて使いますが、毎月一度は定期検査とCPAPのメンテナンスを行います。

 

CPAP治療の費用は、保険適用で自己負担額5,000円/月程度となりますし、機器のレンタル料金にも保険が適用されます。

 

ただし、月に1度のの定期検査を受けることが保険適用のためには必要で、定期検査を怠ると保険適用外となりますから注意しましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療法:ナステント

 

睡眠時無呼吸症候群の最新治療方法として注目されるのがナステントです。ナステントは、鼻から挿入するチューブ状の医療機器の名称です。日本の企業が販売しているもので、非常に安心して使うことができ、医療機関でも多く導入されていますが、ドラッグストアや通販でも購入が可能になっています。

 

利用方法は、睡眠前にチューブを鼻から挿入して、気道を確保します。慣れるまでは鼻から入れることに恐怖心を感じたり、痛みを心配する人も多いですが、チューブは非常に柔らかく、先端が丸く加工されているので腔内への負担は最小限に抑えられています。そのため、多くの人は違和感なく使用できているようです。

 

ナステントを使う際にはまずフィッティングを行ってからにします。主にチューブの硬さや長さ、そしてチューブを入れる鼻を決めるということが行われます。もちろん、着けてみて違和感が少なく、痛みの無いものにしましょう。

 

ナステントは片方の鼻にのみ挿入すればいいのですが、楽に呼吸できる方が良いでしょう。フィッティング後、購入したら毎日の睡眠時に利用します。最初は多少なれないかもしれませんが、使っているうちにすぐになれるそうです。

 

ナステントは一般の医療機器として薬局や家電量販店、通信販売でも購入可能です。しっかりフィッティングをしないと合わない場合もありますから注意してください。

 

ナステントのWebサイトにはナステントについての情報も多いので、気になる方は一度調べてみると良いかもしれませんね。

更新履歴